アメリカ留学

アメリカ留学したい人必読!学生ビザを取得する際に注意する7つのこと

投稿日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こんにちは!ぱんだです!

今日はアメリカ留学する際に必要な手続き、学生ビザの注意点について紹介していきます。
アメリカの大使館は、大阪か東京にあります。

詳しくは→学生ビザの手続き

 

学生ビザの面接を受けに行く際の注意点

大使館に入るときは、ケータイの電源を切って預ける

中にスマホは持ち込めません。

また、アメリカ大使館は撮影禁止です。

まず入り口に入ったら、警備員さんにスマホを預けます。

 

書類にはった写真がアウトだった場合、撮りなおし 1,000円

事前に、ビザ用の写真を取る必要があります。

スマホで撮った写真をインターネット上でアップロードして通った場合でも、実際にいったら「撮り直ししてね」と言われることもあります。

言われるのに備えて別の写真を持ってくか、素直にカメラ屋さんでビザ用の写真を撮ってきた方がいいですよ!

 

ものすごく混雑しているので、暇つぶしに何か持ってく

12時に予約しても、12時から面接ははじまりません。

だいたい2時間くらい待ちました。

私たちの他にも来てる人はたくさんいるので、待ってる間はどんな質問をされるのか?などの練習を頭の中で繰り返すか、友達と一緒にいっておしゃべりするのもいいでしょう。

また、ずっと立ちっぱなしなので、足腰が痛くなる場合もあります。

 

英語で答えるか日本語で答えるかは、面接官しだい

面接官は、ランダムで英語・日本語を使います。

さっきは日本語だったけど、自分の時は英語だった。

基本的に英語で質問するけど、途中で日本語に。その逆もあります。

英語に自信がない人は、面接を受ける前にスピーキングやリスニングの練習をしておくと良いでしょう。

あんまりたどたどしく答えてると、面接官にアメリカ留学を許可してもらえないケースもあります。

おすすめの英会話練習方法を紹介中。短期留学orオンライン英会話>>アメリカの大学に最短&最安入学したい高校生必読!!TOEFLと英会話レベルをなんとかせい!!

 

面接はみんなの前で

面接は、1体1でなく立ってやります。

大体4~5人の面接官がいて、あいた順に入ります。

 

面接はマイク越しなので、自分がなんて発言したかみんなに聞こえる

面接官が質問したら、あなたはマイクを通じて返答します。

面接官がした質問&あなたの回答は、みんなに聞こえます。

緊張しまくる自信しかない、自分の英語力に自信がない!という方は、スピーキングの練習をしましょう。

おすすめ英会話練習>>アメリカの大学に最短&最安入学したい高校生必読!!TOEFLと英会話レベルをなんとかせい!!

 

英語の発音が汚くても、面接官は特に気にしません。

しかし、後ろで待ってる人達がクスクス笑ったりすることも。特に気にしなくてもいいんですけどね。

 

アメリカ留学が終わった後何がしたい?の質問には注意

ずっとアメリカにいると答えた場合、落とされる可能性大です。

なぜなら、一度学生ビザがきれて日本に帰るから。
あと、大学卒業してアメリカの会社に就職するっていうのもあんまりいい顔されません。

 

ベストな回答は、「アメリカ留学で学んだ知識を日本に持って帰って、役立てたいです。」

 

まとめ

アメリカ大使館に行く際の注意点を紹介してきました。

日本語でも英語でも答えられるよう、事前にどんなことを質問されるのか?を想定し練習しておきましょう。

あらかじめどんな内容を聞かれる理解しておくと、スラスラと英文を作り出せるからです。

アメリカの大使館に行く際は。時間には注意を。あまり早く行き過ぎても待つだけだし、ちょうどにいっても玄関前でゴタゴタあって、すぐにはいれません。

受付時間、20分前に着くようしましょう。

アメリカビザの取得方法などを詳しく知りたいという方はこちらの記事>>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぱんだ

三人称単数が分からないレベル(英語初心者)から、アメリカの短大まで入学できた話をまとめていきます。 旧ブログ: 妊婦・子育てママ向けのブログもやってます。

-アメリカ留学

Copyright© BABY STEP , 2018 All Rights Reserved.