※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています※

冷却期間後のアプローチ方法

元彼の「復縁考えさせて」は脈なしじゃない!決断できるまで待っていよう

当サイトでは、元彼への告白は4回目のデートでしようとお伝えしています。しかし、その方法を実践しても、復縁の返事を保留されることも。今回は以下の内容をお伝えします。

  • 元彼が「復縁を考えさせて」という5つの理由
  • 元彼からの復縁の返事待ちの際にやってはいけない3つのこと
  • 復縁の返事は1ヶ月以内に求めた方が良い理由

元彼が復縁を保留する理由を知って、気持ちを落ち着かせましょう。

元彼への告白は4回目のデートでする理由を詳しく知りたい方は>>冷却期間後に年上彼氏が「もう一度、やり直そう」といってくれる復縁の切り出し方

 

元彼が「復縁を考えさせて」という5つの理由

優柔不断な性格でなくとも、元彼が復縁を保留するケースはあります。その理由は以下の5つのうち、いずれかに該当します。

  1. 自分の気持ちを確認したいから
  2. 復縁して今度こそうまく行くか信じきれないから
  3. 今は恋愛以外のことに集中したいから
  4. 実は自然消滅を狙っているから
  5. 元カノと今カノどちらがいいか決めているから

それぞれ説明します。

 

①自分の気持ちを確認したいから

元彼が「復縁を考えさせて」という1つ目の理由は、自分の気持ちを確認したいからです。復縁を保留にする時点で、少なくともあなたは嫌われていません。しかし、元彼は元カノのことが好きかどうか、わからないのです。あなたと一旦距離を置いて、自分の気持ちを確認できた後で、復縁の返事をしてくれるでしょう。

 

②復縁して今度こそうまく行くか信じきれないから

元彼が「復縁を考えさせて」という2つ目の理由は、復縁して今度こそうまく行くか信じきれないからです。復縁を保留にする段階で、あなたの変化を理解しているのでしょう。しかし、復縁後、しばらくは大丈夫でも、時が経てば同じことで喧嘩になり別れてしまう可能性を元彼は考えています。

この悩みを解消するには、返事を待っている間に余計な一言を言わずに、大人しく待っていることです。そうすれば、あなたの変化を信じて、復縁してくれる可能性がアップするでしょう。

 

③今は恋愛以外のことに集中したいから

元彼が「復縁を考えさせて」という3つ目の理由は、今は恋愛以外のことに集中したいからです。もしかしたら彼は仕事で昇進するために、頑張っているのかもしれません。彼女ができれば自由に転勤したり、残業したり、飲み会に参加したりができなくなります。あなたのことは嫌いではないけれど、付き合うのは無理と直接的に伝えられないため、保留にしている可能性があります。

 

④実は自然消滅を狙っているから

元彼が「復縁を考えさせて」という4つ目の理由は、実は自然消滅を狙っているからです。優柔不断で頼まれたら断りきれない彼に多いのが、こちらの傾向。あなたとデートをするのも、自分が振った側だったり、罪悪感があったりで行っている可能性があります。そのため、復縁の返事を保留し、あなたに「やり直すつもりがない」と思ってもらいたいのかもしれません。

 

⑤元カノと今カノどちらがいいか決めているから

元彼が「復縁を考えさせて」という5つ目の理由は、元カノと今カノどちらがいいか決めているからです。他好きが原因で別れた場合、あなたが告白した時点でまだ今カノと付き合っている可能性があります。今カノとマンネリしていた状態で元カノからアプローチがあり、心が惹かれている状態なのでしょう。どちらと付き合った方がより幸せになるのか、元彼が決めたら返事を出してくれるはずですよ。

 

元彼からの復縁の返事待ちの際にやってはいけない3つのこと

早く元彼と復縁したいからといって、焦ってはいけません。元彼からの返事待ちの時に以下の3つをやってしまうと、復縁を断られる可能性があります。

  • 返事を催促する
  • LINEやSNSで頻繁に連絡する
  • 元彼が不安になるようなことをしない

それぞれ説明します。

 

①返事を催促する

元彼からの復縁の返事待ちの際にやってはいけないこと1つ目は、返事を催促することです。元カノと復縁するかどうかは、今後の人生を左右します。もしかしたらあなたとの結婚を視野に入れているかもしれません。元彼に返事を催促する行為は、復縁も結婚する可能性も潰してしまいます。なかなか彼から返事がこなくても、焦らないようにしましょう。

 

②LINEやSNSで頻繁に連絡する

元彼からの復縁の返事待ちの際にやってはいけないこと2つ目は、LINEやSNSで頻繁に連絡することです。復縁の返事を元彼に直接催促してはいないものの、頻繁に連絡を取る行為は「早く返事して」と圧をかけているように捉えられてしまいます。元彼がプレッシャーを感じてしまうのと、自分勝手だと思われるので、連絡頻度には注意しましょう。

 

③元彼が不安になるようなことをしない

元彼からの復縁の返事待ちの際にやってはいけないこと3つ目は、元彼が不安になるようなことをしないことです。LINEやSNSで他の男性と仲良くしている風に見せかける行為はしないようにしましょう。この行為をしてしまうと、復縁してからも余計な心配をしないといけないと元彼に思われてしまいます。

あなたに対して恋愛感情を抱いていたかもしれないのに、一気に冷めてしまう原因になるので、絶対にやらないようにしましょう。

 

いつまでも待っていたら音信不通になる可能性も!復縁の返事は1ヶ月以内に求めよう

返信の期限を事前に決めておかないと、音信不通になる可能性があります。電話占い師時代の相談者が「復縁したい」と元彼に伝えた後、連絡がこなくなったケースを100件以上聞いてきたためです。

例えば以下のように、元彼に伝えると良いです。

「返事がないと復縁できると期待してしまう。次の恋に進みたいから、10月20日の17時までに返事が欲しい」

こうすることで、元彼はきちんと期限までに返事をしてくれるはずですよ。

 

まとめ:元彼から復縁を考えさせてといわれたら、期限を決めて待っていよう

元彼から復縁を保留された時、対応を間違えると断られる可能性があります。そのため、焦らずに返事がくるまで待っていましょう。

ちなみに元彼が「復縁を考えさせて」という理由は以下のとおりです。

  • 自分の気持ちを確認したいから
  • 復縁して今度こそうまく行くか信じきれないから
  • 今は恋愛以外のことに集中したいから
  • 実は自然消滅を狙っているから
  • 元カノと今カノどちらがいいか決めているから

そして、返事待ちの間にしてはいけないことは以下のように3つあります。

  • 返事を催促する
  • LINEやSNSで頻繁に連絡する
  • 元彼が不安になるようなことをしない

上記3つは元彼と復縁の可能性を潰してしまう行為なので返事がくるまで待ってましょう。

ただし、復縁するかどうかの返信期限は決めておかないと、音信不通になってしまう可能性があります。

そのため、元彼に復縁を考えさせてといわれた場合、1ヶ月以内に返事がもらえるよう伝えておきましょう。

そうすることで、音信不通を回避でき、元彼からきちんと返事がもらえるはずですよ。

-冷却期間後のアプローチ方法

Copyright© 社会人カップルの遠距離復縁コンパス , 2024 All Rights Reserved.