アメリカ留学

アメリカの大学と日本の大学ってどう違うの?:学科・コースが変えれるほか。

更新日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク




主婦
こんにちは!ぱんだです!

私が、アメリカの大学に入りたいな!って思ったのは、高校3年生のころでした。

アメリカの大学いいな~って思ってるんだけど、日本の大学と違うところってなんだろう?
過去の私

っておもったので、今日はアメリカと日本の大学の違いについて紹介していきます。

[toc]

アメリカの大学の特徴:入学してから学科変更可能 など

スクールカウンセラーがつく

アメリカでは、個人の才能をいかに伸ばすかを重要視しています。

そのため、1人1人スクールカウンセラーがつきます。

入学した後からも、自分の目的や実力・個性に最も適したコースを見つけ出すことができます。

日本の高校を卒業した後に、2年制大学に入学➔4年生大学・専門学校の編入が安い

過去の私
最も効率的で留学費用を節約できる、また英語力・学力をつけたい!

[st-kaiwa1r]なら、2年生大学(短期大学)に入学➔4年制大学に編入がおすすめ。[/st-kaiwa1]

 

また留学して、TOEFLの点数が足りない・英語力が足りない場合は、ESL(語学学校)で勉強、合格しだい入学できるところもあります。

アメリカの大学では、入学してからも学科の変更が可能

過去の私
自分のやりたいことが決まらないまま、とりあえず日本の大学に入学した!

でもやっぱり、別のことがしたくなった!そうなったら、道は退学か、卒業してから学びなおす。しか選択肢がありません。

しかし、アメリカの場合は、いつでも学科の変更が可能です。

主婦
なぜなら、誰だって入学当時は、自分のやりたいことがハッキリわからないからです。
はじめは、リベラルアーツ(一般教養)を取って後から、学科を決めるというケースが多いです。
過去の私

最初、コンピューターサイエンスでとってたけど、自分には向いてないと思って、料理系・教師系に変えようと思ったもん。

アメリカでは、短大に2年以上いてもいい!

アメリカでは、本人が希望すれば何年でも、在学できます。

なぜなら、大半の学生が、働きながら学校に通ったり、子育てしながら通っている人が多いからです。

・お金がないから、ちょっと休学(日本でバイト・仕事してお金を貯めて)、復学➔短大を4年で卒業

・早く卒業したい!単位をとりまくって、1年半で卒業→大学に編入

という方もいました。

主婦
また、子育て中ママでも、安心して学校に通えます。

学校内に、子育て支援センターのようなものがあるからです。

アメリカの学費は、単位ごとに支払いなので一度に払う料金が安い

日本みたいに、一括で100万以上かかる!ってことはありません。

大体1セメスター(3か月)で30万円くらい(12単位)で

年齢層が離れた友だちもいっぱいできる

日本の大学では同じ年くらいの人がたくさんいますが、アメリカでは、年齢層がバラバラです。

過去の私
飛び級で入学したから、今16歳だよ~!って子もいました。

なので、いらんな人と仲良くなれるチャンスがあります。

留学生は、アメリカでバイトができない(※)

留学生は、F1ビザ(学生用ビザ)なので、バイトができません。

なぜなら、働きに来たのではなく、勉強するためにきたからです。

どうしても、アルバイトしたい場合は、学校内でできます。

過去の私
成績が3.0以上で、アルバイトしても学業に影響がないと判断されれば、許可されます。

主な業種は、コンピューターラボの受付・図書館の受付・チューターで教えるなどです。

また、日本人がたくさんいる・留学生がたくさんいる場合は、留学生用のOffice があります。

成績優秀な生徒は、そこで働くこともできます。

大学に編入したい場合は、なるべく他の人との差別化を!

・ボランティアを経験して、どう学んだかアピールする

・クラブの部長になる

などアメリカでは、受験というものがないので、短大の時の成績・その子が行った活動・エッセイなどで評価されます。

できるだけ沢山いろんなことをして、アピールしましょう。

アメリカの奨学金は返済不要(※短大のみ)

主婦
日本では奨学金=返さないといけないもの という認識かと思います。

しかし、アメリカでは、何か特別な事情があったり、成績が優秀な人は奨学金がもらえます。

もちろん返さなくてもいい!!

更に言えば、申請すれば何度ももらえるところもあります。

また、学校側がこの子は成績優秀だと認識すれば、授業料がタダになることも。

アメリカ人と結婚すれば、学費も格安に。

その大学にある州に住んでる人と結婚したら、タダに近い金額で授業が受けられます。

留学生が1セメで、$3500払わなきゃいけない、

でもその州に住んでいる人は、$350でいいよ!ってことも、ざらにあります。

主婦
縁があって、アメリカ人と結婚した、国籍もアメリカ国籍にした!そうしたら、留学生用のOffice はつかえなくなります。

アメリカでは、春休みない、夏休みめっちゃ長い、冬休み微妙。

アメリカでは、文化の日などのお休みはありません。

夏休みの場合は、本人が希望すればサマープログラム(夏休み特別授業)がとれます。

数週間で授業がものすごく進むので、数学や音楽など、カンタンなものをとりましょう。

また、サマープログラムの基本授業は、インターネット➔テストだけ教室で受ける場合もあります。

まとめ

アメリカの大学の特徴を紹介していきました。

これから、アメリカに留学したいよ!ってひとの参考になったら嬉しいです。

▼アメリカの大学に留学する前にしておくといいことはこちら▼

▼アメリカ留学する時に必要な持ち物など▼

▼アメリカ留学をする際にお勧めのパソコン▼

▼アメリカ留学する前にESL に入るよりより効果的▼

フィリピン留学(短期間)か

オンライン英会話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぱんだ

三人称単数が分からないレベル(英語初心者)から、アメリカの短大まで入学できた話をまとめていきます。 旧ブログ: 妊婦・子育てママ向けのブログもやってます。

-アメリカ留学

Copyright© BABY STEP , 2018 All Rights Reserved.