英語の資格・検定について

英検、TOEFL、TOEIC、IELTSの違いって何?

投稿日:

主婦
こんにちは!ぱんだ(@srtr_rinn)です!

日本に住んでる方なら、TOEICと英検は聞いたことがあるかもしれません。

でも、海外留学するならTOEFLが必要なんですよ!

こんな方におすすめ

  • TOEICと英検は聞いたことあるけど、TOEFLってなんだろう?
  • TOEFL 、IELTS 、TOEIC、英検に違いってあるの?

 

日本で就職・進学するなら!TOEICか英検

TOEICは、日本人が作ったものなので、日本でもよく知られています。

TOEICで、800~満点を取っていれば英語ができるほうです。(英語が喋れるかは別)

将来、日本の大学から海外留学したい!・海外に転勤したい!という方はTOEIC

英検はすたれてきてるので、TOEICの勉強をしましょうね。

※語学留学・日本人が経営していている語学学校(フィリピンとかで)の場合は、TOEIC・英検でも利用できる場所があります※

過去の私
基本的に、海外留学する場合は、TOEFLが必須です。

TOEFL は海外留学に行きたい人向け

アメリカの短大:ITPで450点~500点

大学:600点以上が目安

IBT:81点以上が目安

TOEFLの点数が高いほどいいです。

TOEFL=アメリカ大学の入学テストだと思ってください。

TOEFL には2種類あります。

TOEFL IBT (パソコンで受けるタイプ)

指定の受験会場までいって、パソコンで受けます。

リスニング、スピーキング、ライティング、リーディングをやります。

難しいです。

TOEFL ITP (団体・紙で受けるタイプ)

ITP の場合は、IBTよりカンタンです。

リスニング、リーディング、グラマーの3種類だけです。

留学機構に入るとITPを受けます。

とりあえず留学したい。➔留学機構に入るか、団体受験ができる場所を探す(検索すればでてくるかと)

IELTS

基本的には、イギリスの大学に通いたい人が受けます。

英語のレベルは、一番難しいという印象です。

アメリカでは、大学院に進みたい!短大から大学に編入する時に必要な場合があります。

難易度

易:英検、
TOEIC 、
TOEFL 、
難:IELTS

留学する時の国別難易度

オーストラリア
アメリカ ITPで450点~550点
イギリス IBTで81点以上
カナダ ほぼ満点

まとめ

英語関連の検定はたくさんあるけれど、いまいちその違い・用途がわからない!という人に向けて紹介していきました。

  • 日本で就職したい!語学留学(フィリピン留学)がしたいという方は、TOEIC・英検
  • 海外留学するならTOEFL
  • イギリスに行くなら、アメリカの大学院に行くならIELTS 

とりあえず撮っておいたほうが良いのは、TOEFLです。

主婦
TOEFL難しいから、自信をつけてからがいいな…と言う方は、TOEIC を受けてからだといいかもしれません。

私は、TOEFLしか受けたことがないので、TOEFLの勉強を紹介します。
TOEICでも役立てることがあるかもしれないので、よければ参考程度に

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぱんだ

三人称単数が分からないレベル(英語初心者)から、アメリカの短大まで入学できた話をまとめていきます。 旧ブログ: 妊婦・子育てママ向けのブログもやってます。

-英語の資格・検定について

Copyright© BABY STEP , 2018 All Rights Reserved.